HOME > お役立ち歯科知識♫ > 何度も治療した歯はなぜ弱い??
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 何度も治療した歯はなぜ弱い??

    2019.05.17
    虫歯で大きな穴を作って来院される患者さんの数は昔に比べると本当に少なくなってきました。みなさんが予防歯科の大切さを知り、定期的なメンテナンスをしている方の数が増えていることを歯科衛生士として実感しています。 
    それでも虫歯や歯周病菌によって歯を失う方がゼロになっているわけではありません。今日は歯を失う流れ、その過程についてお話します。
    まず、歯というのは骨や爪などと違って再生する能力がありません。削れば元には戻りません。
    虫歯菌によって溶かされた部分が大きくなっていくと、歯の中の神経まで菌が到達してしまいます。 ここで、神経の治療が行われます。
    神経の治療をされた方はおわかりかと思いますが、結構な回数と時間がかかりますね。そしてこの神経の治療の成功率は専門医でも100%ではありません。
    神経の治療をもう一回・・・というようなこともあるのです。
    こういったことを続けていくことで、どうしても歯の寿命にダメージを与えてしまいます。
    予防歯科を徹底し、習慣化することで歯を守りましょう。
    神経の治療になる前に治療することで、歯の寿命は長く保てます。
    歯科衛生士 坂次真世
    ページトップへ