HOME > お役立ち歯科知識♫ > 歯磨き粉に頼りすぎは要注意!
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 歯磨き粉に頼りすぎは要注意!

    2019.04.10
    歯磨き「粉は歯周病に効くものを使いたい!どれがオススメですか?」とよくご質問をいただきます。 歯科医院でももちろんオススメの歯磨き粉は沢山あります。 
    すでに歯周病になっている方が、歯科医院に行かずに歯周病に効果のある歯磨き粉を使っても、残念ながら根本的な解決にはなりません。
    まず、歯周病の初期段階で歯ぐきに炎症がおきます(歯肉炎)。
    さらに病状が進むと"歯槽骨'という、歯を支える骨が溶けて失われます。
    その結果、歯と歯ぐきの間の溝が深くなっていき歯周病の原因である汚れが歯ぐきの中に入り込み、歯ブラシでは完全に届かなくなります。
    歯ブラシが届かなくなって時間がたってしまうと歯ぐきの中にも硬くこびりついた歯石がついてしまいます。
    こうなってしまうと機械を使わないと落とすことができません。
    根本原因を取り去ったうえで殺菌剤の入った歯磨き粉で歯ブラシすれば、浅くなった歯と歯ぐきの間や唾液の中に残っている歯周病菌も除菌できるので、歯周病予防にとても効果があります。
    なので、歯科医院で定期的にメンテナンスをして、お口の中を綺麗にしつつ優れた歯磨き粉を使ってくださいね。
    歯科衛生士長 黒宮実桜
    ページトップへ