HOME > 入れ歯の治療
HOME > 診療内容 > 入れ歯の治療

入れ歯の治療

  • 会話をするのに困ったことはありますか?
  • 他人からの入れ歯に対する目を気にしたことはありますか?
  • 入れ歯が原因で恥ずかしい思いをしたことはありますか?
  • 入れ歯が原因で食事が満足にできなかったことはありますか?
  • 入れ歯が原因で食事を中断しなければいけなかったことはありますか?
  • 今お使いの入れ歯に対してストレスを感じたことはありますか?
  • 入れ歯が原因で他人に対して短気になったことはありますか?
  • 入れ歯を使っている部分に痛みを感じたことはありますか?
  • 味覚が低下したと感じたことはありますか?

超精密入れ歯(BPS義歯)
の特徴

ヨーロッパのリヒテンシュタイン公国で開発され、世界に普及している超精密義歯BPSをぜひ体験してください。

  • 海外で開発され認められた義歯製作の匠の技
  • リアルさを追求した歯科技工士の技
  • いままでよりも噛める義歯
350,000円(税抜)~

当院の院長は、BPS義歯の国際認定医です

軟らかい・目立ちにくい入れ歯
の特徴

  • 金属部分が見えにくいので入れ歯であると気づかれにくい
200,000円(税抜)~

薄く頑丈な耐久性の高い入れ歯
の特徴

  • 金属を使用するため耐久性◎
  • 金属部分が極薄で快適性◎
  • 食事の熱を伝えやすい
80,000円(税抜)~

良くあるご質問

  • 今まで使っている入れ歯を作り直してもらえますか?
  • はい。現在お使いの入れ歯の修理も当院では承っております。入れ歯の作り直しの際は、お口の型取りをさせていただき、お口にフィットした入れ歯を作成させていただきます。お気軽にお問い合わせください。
  • 痛くない入れ歯を作ることはできますか?
  • はい。者様のお口の型、歯型を精密に採ることで、
    違和感が少なく痛みの少ない。入れ歯を作成することが出来ます。
    入れ歯の素材も違和感や痛みの原因となります。
    軟らかい義歯の製作も可能です。精巧な歯型の採取を当院では粘土様のものではなくシリコンで行っております。
  • 保険適用の入れ歯よりも自費の入れ歯の方が良くかめるのですか?
  • 保険適用の入れ歯は、床の部分がプラスチックとなり、経時的にゆがみが生じます。
    ゆがんだ影響で義歯の噛みあわせが悪くなり、痛みが発生して噛みづらくなります。
    自費の入れ歯は、床の部分に金属を用いたり特殊な素材を使用する為、経時的に歪みがないため痛みがでにくくなります。また、金属により強度が増すため、義歯を小さく作成することも可能です。
  • 自費の入れ歯にするかインプラントにする悩んでいます。
    どちらがいいですか?

  • 患者様が何を望まれるかによって変わってきます。
    インプラントは高額になりますが、天然歯の様に噛めます。
    自費の入れ歯は、保険に比べると価格は高くなりますが、インプラントに比べると割安で外科手術を必要としません。また強度が高いため長持ちしやすいです。
  • 入れ歯にするかブリッジにするか悩んでいます。どちらがいいですか?
  • こちらも患者様が何を望まれるかによって変わってきます。
    ただ、ブリッジは失った歯の両隣の健康な歯を削ります。
    入れ歯は健康な歯を削る必要がないので、場合によっては入れ歯での治療を推奨しています。
  • 入れ歯について相談したいのですが、料金は発生しますか?
  • 入れ歯についての個別相談は無料で行っております。
    入れ歯の痛みや、入れ歯が落ちてくる浮いてくる、臭いや噛みづらいなど、入れ歯についてのお悩みや疑問について、なんでもお気軽にお尋ねください。
  • 専従歯科技工士より 患者様へメッセージ

    入れ歯治療は失われた臓器を、人工的なもので補完するという医療技術です。
    一人ひとりに合わせオーダーメイドで入れ歯を製作します。
    歯科医師と歯科技工士、そして患者さまの3者の協力によって完成する入れ歯には、さまざまな歯科技工技術や匠の技が注がれています。しかしながら、その大部分が保険医療では使用することができません。
    これまで入れ歯は噛めない、使えないという不満がある方には、世の中にはどんな入れ歯の選択肢があるのか、どんな歯科技工技術があるのか、何を選択可能なのか、十分な説明をこれまで受けてこなかった方がたくさんいらっしゃいます。
    「説明がなかった」「知らなかった」という方がほとんどです。結果が良いと、私たちも嬉しいのです。まずは我々の技術を知っていただき、そして食事の楽しみを回復する未来を一緒につくりましょう。

    ページトップへ