HOME > お役立ち歯科知識♫ > 歯周病の治療とは?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 歯周病の治療とは?

    2019.07.05
     歯周病と診断された方は、まず歯周病初期治療から始まっていきます。 その内容は、歯磨き指導+歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石の除去で、通常、複数回通って頂くことになります。 
     患者様と私たち歯科衛生士がともに協力して治療を進めることができれば、歯ぐきの腫れや出血がおさまり、目に見えて変化が分かるようになります。 歯周病初期治療が終了すると、再び炎症がおさまったかどうかの検査をします。
     このとき、多くの方は予防のための定期的なメンテナンスに移行していきますが、 残念ながら、初期治療では歯石が取りきれず炎症がおさまらない方は、歯ぐきを切開し歯石をとる手術をする場合もあります。
     すべての歯周病治療は、初期治療が基本であり、それでも結果が伴わない場合は歯周外科治療が必要となります。 症状が軽いほど、早く治療終了となるのです。
    歯科衛生士長 恩田和
    ページトップへ