HOME > お役立ち歯科知識♫ > 歯周病の検査ってなにをするの?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 歯周病の検査ってなにをするの?

    2019.07.01
    〈 歯と歯ぐきの隙間の深さを調べて何がわかるの? 〉 
    歯周病の原因は、歯につく高病原性バイオフィルム ( 細菌のかたまり )です。 その中に潜む歯周病菌が引き起こす炎症により、歯を支える歯周組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまいます。 歯周病の検査では、目盛りがついた器具を使用して歯と歯ぐきの隙間である " 歯周ポケット " の深さを測り、炎症による歯周組織の破壊レベルをみていきます。 歯周組織が破壊されると歯周ポケットが深くなり、炎症のある歯ぐきからは出血します。
    〈 なんのために行なっているの? 〉
    歯周病の進行を止めるには、原因菌を除去して減らし、炎症を治めることが基本です! 進行度により原因菌の除去方法が変わるため、歯周組織の破壊レベルをみて歯周病の進行度をみていきます。 症状が進むほど治療が大がかりになっていくため、早期治療が大切です。 痛みが出る前、症状が悪化する前に検査を受けましょう!

    主任・歯科衛生士長 余吾綾香
    ページトップへ
    aaaa