HOME > お役立ち歯科知識♫ > 歯がなくても歯周病になる?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 歯がなくても歯周病になる?

    2019.05.16
    「歯周病は歯の周りに着いた汚れによって起こるものだから、歯がなければ歯周病にはならないの?」と疑問に思ったことはありませんか? 実は歯が一本もなく、義歯(入れ歯)を使っている方でも歯周病菌はお口の中に潜んでいます。 
    総入れ歯を入れている人のお口の中の細菌を調べた最近の研究では、唾液からいくつかの歯周病菌が検出されています。
    このように歯周病菌は歯だけでなく、舌や歯茎、粘膜にも棲息することがわかっているのです。 特に舌苔と呼ばれる舌の汚れにはたくさんの歯周病菌が含まれ、舌苔が増えると歯周病菌も増えるとされています。
    歯科衛生士による専門的な舌苔除去クリーニングは、超音波水流で除菌を行います。
    また、お口の中の歯周病菌が原因で口内炎が増えやすいとも言われています。
    義歯そのものにも歯周病菌がついてしまうためいくらお口の中だけを綺麗にしても義歯が清潔でない限り歯周病菌をなくすことはできません。
    このようなことから、歯がなくなっても、お口のケアや義歯(入れ歯)の洗浄をしっかりとして、清潔に保ちましょう。
    入れ歯の手入れにもコツはあります、ぜひ聞いてくださいね。
    歯科衛生士長 黒宮実桜

    ページトップへ
    aaaa