HOME > お役立ち歯科知識♫ > 入れ歯は虫歯にならないから磨かなくてもいいと思っている方いらっしゃいませんか?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 入れ歯は虫歯にならないから磨かなくてもいいと思っている方いらっしゃいませんか?

    2019.04.03
    入れ歯はプラスチックや金属で出来ていますから、確かに虫歯になりません。
    しかし、使っているうちにもプラーク(汚れ)も歯石も付きます。
    この点は歯とかわりないんです。
    綺麗に磨かないと、細菌が猛烈に繁殖します。
    そして、汚れた入れ歯の細菌が肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎の原因になりますし、口臭の原因にもなります。 部分入れ歯の方は入れ歯にプラークが付いたままでは、入れ歯をひっかけている隣の歯まで悪くなってしまいます。そうなると、抜歯になる可能性が増え、入れ歯は作り直しになります。
    入れ歯磨きのコツは、流水下で、入れ歯用の歯ブラシを使い優しく洗うこと。
    ただし、この時に歯磨き剤を使いゴシゴシとこするのはやめましょう。
    入れ歯に傷がつき、プラークが付きやすくなってしまいます。
    なので、歯磨き剤は使わずに、優しく洗います。
    歯と同じで、入れ歯も出来れば1日に2.3回洗ってください。
    そして夜は洗浄剤につければ、スッキリとした入れ歯で気持ちよく寝られます。
    歯科衛生士 相澤愛梨
    ページトップへ