HOME > お役立ち歯科知識♫ > 仮歯はなんのため?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 仮歯はなんのため?

    2019.03.31

    仮歯は、読んで時のごとく、最終的に入る被せ物ができあがるまでの代わりに使われる仮の歯です。
    被せ物の治療経験がある方は、よくご存知ではないでしょうか。
    例えば、大きなむし歯ができると歯を多く削って治療することになります。
    痛みの症状を止めるには、ばい菌が入り炎症を起こしている歯を除去し、殺菌して痛みを押さえ込まなくてはなりません。
    このような応急処置が終わったらその日はひとまず終わりです。
    そこで必要になるのが仮歯や仮のフタです。
    神経が残っている歯の場合、麻酔が切れたあと、ひどくしみてしまうことがあります。
    大変デリケートで、お口のなかには様々な細菌がひそんでいますから、油断はできません。
    せっかくの治療が新たな汚染の原因になってはたいへんです。
    仮歯はとても重要な意味を持ちます。
    上質な治療を支えている仮歯とぜひ上手に付き合ってよりよい治療を手に入れていただきたいと思います。
    歯科衛生士長 恩田和

    ページトップへ