HOME > お役立ち歯科知識♫ > 虫歯は遺伝と思っていませんか?
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 虫歯は遺伝と思っていませんか?

    2019.03.23

    「自分は虫歯が多いから子供も虫歯が多い。遺伝で子供も虫歯になりやすい。」なんて信じている方もいらっしゃるいます。
    でも、虫歯は遺伝ではありません!
    虫歯や歯周病は感染症です!
    実は、生まれてきたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌や歯周病菌は存在しません。ですから、菌に感染しなければ、虫歯や歯周病にはならないということになります(実際は、どこかの時点で感染します)。
    ではどんな時にお子さんへ感染してしまうのかというと、
    「親が使った箸やスプーンを子供に使う時」です。
    虫歯だらけのお父さんお母さんが使っていたものを使用すると、子供のお口の中も虫歯菌でいっぱいになってしまいます。
    また家族は生活習慣も似ているものです。甘いものをダラダラ食べ、ダラダラ飲みしている。歯磨きがおろそかになっている。など家族みんなが虫歯になりやすい習慣をしていれば、お口の中の環境は似てきます。

    そこで、虫歯や歯周病を移さないためには「家族みんな」でお口の中を健康にするということがとても大切です。

    一緒に生活していて完全に箸やスプーンを分けることはすごく大変だと思います。でも、神経質にならず、普段のセルフケアを丁寧にし、歯医者での定期的な検診で愛する家族のために、虫歯のないお口作りを一緒にしていきましょうね。

    歯科衛生士長 黒宮実桜

    ページトップへ