HOME > お役立ち歯科知識♫ > 詰め物、被せ物をした歯にも虫歯は再発します!
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 詰め物、被せ物をした歯にも虫歯は再発します!

    2019.02.19

    みなさんは毎日歯を磨いていても虫歯ができてしまい、詰め物や被せ物によって治療した経験はありませんか?
    詰め物、被せ物というのは人工物と呼ばれていて天然の歯とは材質が異なります。
    一見なんともないように見えていても顕微鏡のレベルで拡大すると、どうしても隙間や段差が生じているのがわかります。
    そして、歯と詰め物、被せ物の境目には汚れが溜まりやすく、そこから新たな虫歯ができてしまうことがあります。
    このような虫歯は「二次う蝕」と呼ばれていて、上から見ると被せ物に隠れているのですが歯の内側で広がっているという場合が少なくありません。
    二次う蝕を治療するためには詰め物、被せ物を外してから虫歯を削らなければならないため、最後にもう一度詰め物、被せ物をしなければなりません。
    そのため、詰め物、被せ物をした歯はいつも気にかけてよく磨いて下さい。
    そして、新たな虫歯ができていないか歯科医院で定期的にチェックしてもらうことが非常に大切になります。

    歯科医師 森 昭徳

    ページトップへ