HOME > お役立ち歯科知識♫ > はじめての入れ歯を作る方への基礎知識
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • はじめての入れ歯を作る方への基礎知識

    2019.02.13

    はじめての入れ歯使ってますか?

    入れ歯は使い慣れるまで多少の努力が必要です。
    入れ歯は出来上がったらゴールではなく、患者さんに実際に使っていただきながら何度か歯科医院に通ってもらい、細かな調整をしていく必要があります。
    調整中の入れ歯は十分に馴染んでいません。
    「どのようなものが食べれるか。」といきなり硬いステーキを食べたりすると、歯ぐきに作ったり、頬や舌を噛んでしまうことがあります。

    調整が完了しても、使っているうちに歯がすり減ることや、バネが緩むことなどもあるので数ヶ月ごとに一度は調整が必要になってきます。

    もう一つ、慣れていただきたいのが、お手入れの方法です。
    入れ歯は虫歯にも歯周病にもなりませんが、自分の歯と同じようにベタベタの汚れが付くので、清潔に保つために毎日のお手入れが必須なのです。

    入れ歯をつかうと様々な良い事があります。
    噛みやすくなる、喋りやすくするのはもちろんのこと、顔の見た目も良くなります。
    歯を失って痩せてしまったあごを補い、顔をふっくらと回復させるのでお口周りのシワを減らす効果もあるのです。
    他にも、噛み合わせが悪くのを防ぎ、残った歯を守ることもできます。

    付け外しの方法や、お手入れ方法は患者様が入れ歯を作成した時にしっかりとお伝えします。
    焦らずゆっくりと慣れていきましょう。

    ページトップへ