HOME > お役立ち歯科知識♫ > 虫歯と糖分の関係性について
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 虫歯と糖分の関係性について

    2019.02.12

    虫歯になってしまうのは甘い物をたくさん食べているからと考えている方はいらっしゃいませんか?
    もちろん糖分が多く含まれている飲食物を摂取し、細菌が出す酸によって虫歯のリスクは高くなります。
    しかし、実際は糖分の量よりも食べ方の方が大きく関係があります。
    唾液には"緩衝能"という働きがあり、酸性になったお口の中を時間をかけて中性に戻すというものです。
    ずっとアメを舐めていたり、ジュースをチビチビと長時間飲んでいたりすると、中々お口の中が中性に戻らずに虫歯が進行しやすくなってしまいます。
    飲食する時間、しない時間をはっきりと分けることが大切になります。
    意外かもしれませんが、スポーツドリンクや野菜ジュースにも糖分は多く含まれていますので注意が必要です。

    歯科医師 森 昭徳

    ページトップへ
    aaaa