HOME > お役立ち歯科知識♫ > 大丈夫かな?ちょっと気がかり 妊婦さんの歯科治療
お役立ち歯科知識♫
  • お役立ち歯科知識♫
  • 大丈夫かな?ちょっと気がかり 妊婦さんの歯科治療

    2019.02.10

    「妊娠すると歯が悪くなる」とよく言いますよね。これは本当のことです。妊婦さんのお口の中は、むし歯菌や歯周病菌が増えやすい条件が揃います。なので、妊娠中、歯痛に悩んだり歯ぐきが腫れてしまうという方が少なくありません。

    このような気になる妊婦さんの歯科治療について書いていきます。

    ★妊娠とむし歯の深い関係

    実は、妊娠をするとむし歯の喜ぶような変化がお口の中に起きやすいんです!

    (リスク①)・・・つわり
    歯ブラシを口に入れると吐き気を感じてしまい、歯磨きが難しくなる。
    (リスク②)・・・食の変化
    甘いものが好きになるとむし歯菌の大好きな「砂糖」をたくさん取るようになる。
    酸っぱいものが好きになると、強い酸が歯に触れる機会が増え、歯の表面が溶けやすくなる。
    (リスク③)・・・間食
    1度に食べられないため、ちょこちょこ食べてしまうことが増えます。そのたびにむし歯菌はエサをもらえて大喜びします。
    (リスク④)・・・唾液の減少
    妊娠中は唾液の分泌量が減ります。そして、粘り気も増すため、お口の中の汚れが洗い流されにくくなります。

    ★歯周病菌は妊婦さんが大好き

    妊婦さんの体内でさかんに分泌される女性ホルモン(エストロゲン)。
    歯周病菌はこのホルモンが大好物なんです!
    たくさん食べ、パワーを増し増殖します。

    〈よくある質問〉
    妊娠してから歯ぐきが腫れやすくなりました。
    歯磨きすると血が出るんです。

    このような質問がとても多いです。
    これは、歯肉炎になっている状態です。歯科医院に受診し、治療とセルフケアの指導を受けましょう。歯肉炎は正しい歯磨きにより簡単に治すことが出来ます。
    出産した後は子育てで忙しく、自分のことをついつい後回しになりがち…
    治すなら今のうちです!!!

    ※歯周病の存在は低体重児出産(早産)と関連しています。なんと、歯周病のない人とある人では7倍以上、低体重児出産の可能性が増えると言われています。そのため、赤ちゃんの成長に影響を与えかねないです。
    早期に歯科治療を受け治療&予防をしましょう!

    歯科衛生士 相澤愛梨

    ページトップへ